大阪府を中心に工場仕事を紹介!人気の優良派遣会社比較ランキング

一般的な派遣労働の流れ

派遣労働というのは、正規雇用やパートタイマーと異なる雇用形態になります。このページでは派遣労働の一般的な流れについて、初心者向けに分かりやすく解説しています。

短期アルバイトや日雇い仕事を始める際は、まずは人材派遣会社に登録する必要があります。インターネットの検索エンジンを使い、「大阪の人材派遣会社」といったキーワードを入力します。このように働きたい地域を絡めて検索を行う事で、自分にとって都合良い人材派遣会社のみが結果に上がってくるでしょう。まずはその中から自分に合っていそうな派遣会社を選別してみて下さい。

人材派遣会社それぞれに得意業種があるので、自分の適性分野を多く取り扱っている会社を選択するのが効率的です。良さそうな人材派遣会社を絞り込めたら、派遣会社のウェブサイト内にある、エントリーフォームから登録手続きを行ってみて下さい。自分の各種詳細情報を記入すれば登録手続きは簡単なので、焦らずゆっくりとパーソナルデータを打ち込んでいきましょう。

派遣会社の登録が無事に完了したら、後にメールや電話などで連絡が来る事となります。そのまま担当者による電話ヒアリングが行われるケースもあれば、合同説明会への参加を促されるパターンもあります。後者の場合、人材派遣会社に直接足を運ぶ事となりますので、会社の住所と日時をきちんと確認しておくようにして下さい。
電話にしろ直接にしろ、ヒアリングでは経歴や技能について細かく質問されると思います。働きたいエリアや職種など、労働条件について希望があれば、不足無く伝えておくようにしておきましょう。
一般的な就職面接ほどシビアな雰囲気ではありませんが、服装や礼儀作法はきちんとしておくのがマナーです。

電話ヒアリングや合同説明会では、一般的な派遣労働の常識と、その派遣会社の規則や働き方についての説明が行われます。給料の支払い方、服装の指定、用意しておく道具(軍手、カッター等)など、しっかりと聞いておきましょう。不明点や聞き逃した部分は、遠慮せずに担当者へ質問をして下さい。
特に禁止事項についてはこのタイミングでしっかり把握しておかないと、後々思わぬところで不利益を招く危険性があります。就業規則は理解できるまで何度も確認しておく事が肝心です。

説明後は派遣会社からお仕事の紹介をしてもらう事となります。電子メールや電話などで、希望の条件に合致した派遣先を勧められます。自分の都合に合えば了承の意を伝え、希望にそぐわなければパスとなります。どちらにしろ、返信は早めに行うようにして下さい。派遣会社が就業を受け付けた後は、指定の日時に現場へ直接赴き、晴れて派遣労働に従事する事となります。

大まかではありますが、現代の派遣労働の大まかな流れはこのようになります。これから派遣仕事をスタートする方は、まずはインターネットで信頼できる人材派遣会社を探す事から始めてみて下さい。
TOP